肌年齢を左右する肌の「ハリ」の正しい知識と治療法
なぜ肌からハリは失われてしまうのでしょうか?

イラスト:ハリ・弾力が低下した肌と正常な肌のイメージ皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織、という3層構造になっています。ハリを考えるときに大切なのは真皮層です。真皮層にはコラーゲン、エラスチンといった皮膚の弾力を保つ線維成分が存在していますが、これらは20代以降年々減少し、質も悪くなってしまいます。内的な要因、いわゆる加齢や酸化・糖化ストレスと、外的な要因、光老化(紫外線によるダメージ)によるものです。コラーゲンを生成する能力は年々低くなる上に、今存在しているコラーゲンの分解は早まってしまうというわけです。
また、コラーゲンやエラスチンの隙間にはヒアルロン酸が存在し、水分を保持しています。ヒアルロン酸も40代から減少するので、皮膚は乾燥しやすくなりハリ・弾力を保ちづらくなります。

人によって肌のたるみ方に違いがあるように感じるのですが、それはなぜでしょうか?

皮膚の厚さや骨格、遺伝的な素因も多少はありますが、やはり後天的なものによるところが大きいでしょう。
コラーゲンの分解を早めるような生活習慣をどれだけ最小限に抑えてきたか、がポイントです。
まずは日焼けです。紫外線を浴びた皮膚は浴びていない皮膚に比べて数倍の早さで老化します。たとえば手の甲と、ひじ上の内側の皮膚を見比べてみると、キメの粗さやなめらかさが全然違うと思います。日光に当たりやすい部位と当たりにくい部位ではこれほど違うので、日焼け止めは、シミ対策だけでなくたるみ予防としても大切なのです。
また、喫煙は酸化ストレスの代表的なものですし、炭酸飲料やお菓子など砂糖含有量の多い食品や過度のアルコールは糖化ストレスを増します。適度な運動、健康的な食習慣を続け、しっかり睡眠時間をとることで、たるみを予防できると言えます。
毎日日焼け止めを塗り、ストレスの少ない生活習慣をバランスよく続けてきた人は、年齢よりもたるみが少ないはずです。

お家でできる肌のハリを保つためのケアとして、どのようなことを心がけたらよいでしょうか?

先ほどのたるみを予防する生活習慣に気をつけていただく他には、毎日のスキンケアでの保湿が大切です。コラーゲンやエラスチンが年齢とともに減ったからといって、外側から補充できるものではありません。ただ、水分を保持してくれるヒアルロン酸が減少する40代以降は加速度的に皮膚の乾燥は進みます。乾燥していると皮膚のバリアが弱まり、様々なストレスにさらされやすくなり、さらにコラーゲンやエラスチンの分解が進んでしまいます。乾燥は小じわのもとでもあります。
特に乾燥しやすい目元、口元などは毎日しっかり保湿し、うるおいのある肌を保つようにするとよいでしょう。

田中志保先生

東京女子医科大学附属女性生涯健康センター
[略歴]
京都府立医科大学医学部卒業
東京女子医科大学東医療センター日暮里クリニック助教
東京女子医科大学附属青山女性医療研究所助教を経て現在に至る